トップページ > 過去のイベント > はやぶさ帰還カプセル特別展示

小惑星探査機「はやぶさ」帰還カプセル特別展示

宇宙から帰還した小惑星探査機「はやぶさ」の実物カプセルが、遊学館にて特別に展示されることになりました!太陽系の謎を探るべく、小惑星からの物質サンプルを持ち帰ることを目指し、打ち上げから7年間にも渡る宇宙の旅を経て、帰還カプセルを地球に届けた「はやぶさ」。その壮大なプロジェクトは、多くの人々に希望と感動を与えました。宇宙から帰還し、その役割を終えたカプセルやパラシュート、搭載電子機器部などの実物を展示予定です。
宇宙に近づける貴重な機会です。どうぞご期待ください!

はやぶさ帰還カプセル画像提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA)

日時  平成23年2月16日(水)~20日(日) 9:30~17:00
      ※18日(金)は、20:00まで開館延長
会場  釧路市こども遊学館 1階のっぽスタジアム内
費用  展示室観覧料のみ
主催  釧路市こども遊学館、財団法人釧路市民文化振興財団、
      特定非営利活動法人こども遊学館市民ステージ
共催  釧路市、釧路市教育委員会
協賛  国際ゾンタ26地区エリア1釧路ゾンタクラブ、
      国際ロータリー第2500地区2010~2011年度第7分区、
      釧路市異業種交流プラザ、釧路西ロータリークラブ
後援  北海道新聞釧路支社、釧路新聞社、朝日新聞社釧路支局、
      読売新聞社釧路支局、毎日新聞社報道部釧路、
      日本経済新聞社釧路支局、共同通信社釧路支局、
      時事通信社釧路支局、NHK釧路放送局、HBC釧路放送局、
      STV釧路放送局、HTB釧路支社、uhb釧路支社、TVh釧路、FMくしろ
協力  宇宙航空研究開発機構(JAXA)

展示期間中は、大変な混雑が予想されます。当館駐車スペースにも駐車台数に限りがございますので、満車の際は周辺有料駐車場をご利用ください。
ご来館の際はできるだけバスなど公共交通機関のご利用にご協力ください。
JR北海道釧路支社「JRで行く釧路市こども遊学館見学パック」

カプセル公開に先駆けてプレイベントも開催いたします。
プラネタリウム夜間特別投影 祈り~小惑星探査機『はやぶさ』物語~
JAXA吉川真先生サイエンストーク
   小惑星探査機『はやぶさ』-その7年間の宇宙の旅と持ち帰った宝物-


期間中プラネタリウム投影内容を下記のとおり変更させていただきます。
星16日~18日

第1回目10:30~ 幼児向け番組「きらきらタイム」
それいけ!アンパンマン~星の色と空の色~
(投影時間30分程度)
第2回目11:30~
第3回目13:30~
第4回目16:00~
一般向け番組
祈り-小惑星探査機「はやぶさ」物語-
(投影時間45分程度)

星19日~20日

第1回目10:00~ 家族向け番組②
ハロット探偵団~惑星の暗号をときあかせ!~
(投影時間45分程度)
第2回目11:30~
第3回目13:30~
臨時投影14:45~
第4回目16:00~
一般向け番組
祈り-小惑星探査機「はやぶさ」物語-
(投影時間45分程度)

展示内容

インスツルメントモジュール(宇宙から帰還した実物)
カプセル本体部分。イトカワサンプルを入れておくための円筒状のサンプルコンテナ、ビーコンを発信するアンテナ、パラシュート等が収められている器。インスツルメントモジュール画像提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA)


搭載電子機器部(宇宙から帰還した実物)
地球からの指令を受け取るなど、様々な役割を果たすカプセルの心臓部。着地時の衝撃に耐えるよう補強されている。搭載電子機器部画像提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA)


パラシュート(宇宙から帰還した実物)
強くて軽いポリエステル製の十字形のパラシュート。予定通り上空約5kmで開き、十数分かけて着地した。パラシュート画像提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA)


背面ヒートシールド(宇宙から帰還した実物)
背面ヒートシールドは、別名パラシュートカバーとも呼ばれ背面側の加熱から機体を守る役目をすると同時に、パラシュート開傘時には、パラシュートを引き出す役目も。前面ヒートシールドに比べると損傷が目立つ。 背面ヒートシールド画像提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA)


前面ヒートシールド(レプリカ)
大気圏突入時の空気との摩擦による高温から機体を守るのがヒートシールドの役目。この前面ヒートシールドも最高で摂氏3000度まで達したが、カーボンフェノールと呼ばれる新開発の表面素材がカプセルを約1分間守りきった。
【写真は実物】 前面ヒートシールド画像提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA)


帰還カプセルカットモデル模型
帰還カプセルの内部が見れるようにカットしたもの。
帰還カプセルカットモデル模型画像提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA)


1/8スケール「はやぶさ」模型

1/8スケール「はやぶさ」模型

画像提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA)

※その他、写真パネル等オプション品の展示もあります。
※研究解析の進捗状況等により、展示内容が変更となる場合があります。

見学にあたってのご注意
今回の展示品は、大変貴重なものでございます。少しでも多くの方にご覧いただくため、ご見学の際はマナーを遵守ください。
また、展示品につきましては、携帯電話を含む一切の写真及び動画等の撮影が禁止となっております。皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

その他関連展示

期間限定展示

カプセルレプリカ1 オギハラ板金加工所様(釧路市)が製作し、ご寄贈くださった再突入カプセルレプリカ。実物とほぼ同じサイズ(直径約40cm高さ約20cm)で作成され、実物は写真撮影できませんが、こちらのレプリカは記念撮影をすることも触ることもできます!
特別展開催期間中に、展示予定です。
カプセルレプリカ2 2月9日NHK釧路「つながる@タンチョウ」、
2月16日北海道新聞朝刊で紹介されました!
写真はNHK釧路放送局の今井リポーターとカプセル。
カプセルレプリカ3 3階には「はやぶさ」や「イトカワ」になりきれる「はやぶさ気分でハイ、チーズ!」というコーナーもございます。帰還カプセル特別公開記念に一枚いかがですか?

常設展示

はやぶさ関連コーナー

1/2スケール「はやぶさ」大型模型

1/2スケール「はやぶさ」大型模型 当館の天文指導員が手作りで仕上げた、迫力のある『はやぶさ』です!

1/2000スケール小惑星「イトカワ」精密模型

1/2000スケール小惑星「イトカワ」精密模型 形や表面のデコボコまでリアルに再現された小惑星“イトカワ”。着陸点に米粒ほどの『はやぶさ』も見えます!

1/100スケール「M-V」ロケット5号機模型

1/100スケール「M-V」ロケット5号機模型 『はやぶさ』を宇宙へ打ち上げた、3段式の固体燃料ロケット。名前はミューファイブ(M-V)と読みます。

「M-V」ロケットノーズフェアリングカットモデル

「M-V」ロケットノーズフェアリングカットモデル 透明なケースの中の黒い部分がフェアリング部材です。ロケット上段に入っていた『はやぶさ』を打ち上げの衝撃から守った特殊素材構造。断面のくわしい様子や実際に手でさわることができます!

1/3スケール「あかつき」模型

1/3スケール「あかつき」模型 当館の天文指導員が手作りで仕上げた、金星探査機の「あかつき」です!

1/100スケール「H-ⅡB」模型

1/100スケール「H-ⅡB」模型 2段式の液体燃料ロケット+固体ロケットブースターを組み合わせている。宇宙ステーション補給機HTV(こうのとり)を打上げなど、日本の大型主力ロケット。名前はエイチニビーまたはエイチツービー(H-ⅡB)と読みます。

「はやぶさ」帰還カプセル特別展示 無事閉幕!!

平成23年2月16日から2月20日まで計5日間にわたり開催して参りました「はやぶさ帰還カプセル特別公開」は無事閉幕を迎えることとなりました。 これもひとえにご来館くださいました皆様やご協賛・ご協力いただきました団体の皆様、そして期間中サポートくださいましたボランティアの皆様の支援の賜と深く感謝いたしております。本当にありがとうございました。

はやぶさ展示初日初日、開館と同時にオープニングセレモニーを行い、帰還カプセル特別展示が開幕いたしました。


はやぶさ展示2日目2日目の午前中の様子です。たくさんの幼稚園児さんや小学生の皆さんが解説スタッフのお話を真剣に聞き入ってる姿がとっても印象的でした。この中から将来、宇宙飛行士が誕生なんてことがあるかも知れないですね!!


はやぶさ展示3日目3日目のお昼頃の様子です。今日は朝からの雪のせいかカプセル展示会場はというとなんと貸切状態!?ゆっくりじっくり見たいという方には絶好のチャンスかもです♪しかも本日は夜8時まで開館延長いたしますので、仕事でなかなか来られない方には朗報です!!


はやぶさ展示4日目4日目の午前です。今日は昨日と打って変わって青空が広がり良いお天気になりました♪朝早くからたくさんの皆様に来て頂き感謝、感謝です!
上の画像は3階はやぶさ記念撮影コーナーでの興津小のみなさんによるコスプレ☆ぜひあなたもはやぶさやイトカワになってみませんか?忘れられない思い出になること間違いなしですよ!!

カプセルレプリカ3 先日ご来館された釧路市の小松副市長です。副市長にもかなり気に入って頂けたようです。

はやぶさ展示最終日さんさんひろば特設コーナーにて販売しておりました関連グッズも期間中たくさんたくさんお買い求めいただき、誠にありがとうございました。(ミュージアムショップスタッフより)